パート VIII. 付録

目次

A. PostgreSQLエラーコード
B. 日付/時刻のサポート
B.1. 日付/時刻入力の解釈
B.2. 日付/時刻キーワード
B.3. 日付/時刻設定ファイル
B.4. 単位の歴史
C. SQLキーワード
D. SQLへの準拠
D.1. サポートされている機能
D.2. サポートされていない機能
E. リリースノート
E.1. Release 10
E.2. リリース 9.6.5
E.3. リリース 9.6.4
E.4. Release 9.6.3
E.5. リリース9.6.2
E.6. リリース9.6.1
E.7. リリース9.6
E.8. リリース9.5.9
E.9. リリース9.5.8
E.10. リリース9.5.7
E.11. リリース9.5.6
E.12. リリース9.5.5
E.13. リリース9.5.4
E.14. リリース9.5.3
E.15. リリース9.5.2
E.16. リリース9.5.1
E.17. リリース9.5
E.18. リリース9.4.14
E.19. リリース9.4.13
E.20. リリース9.4.12
E.21. リリース9.4.11
E.22. リリース9.4.10
E.23. リリース9.4.9
E.24. リリース9.4.8
E.25. リリース9.4.7
E.26. リリース9.4.6
E.27. リリース9.4.5
E.28. リリース9.4.4
E.29. リリース9.4.3
E.30. リリース9.4.2
E.31. リリース9.4.1
E.32. リリース9.4
E.33. リリース9.3.19
E.34. リリース9.3.18
E.35. リリース9.3.17
E.36. リリース9.3.16
E.37. リリース9.3.15
E.38. リリース9.3.14
E.39. リリース9.3.13
E.40. リリース9.3.12
E.41. リリース9.3.11
E.42. リリース9.3.10
E.43. リリース9.3.9
E.44. リリース9.3.8
E.45. リリース9.3.7
E.46. リリース9.3.6
E.47. リリース9.3.5
E.48. リリース9.3.4
E.49. リリース9.3.3
E.50. リリース9.3.2
E.51. リリース9.3.1
E.52. リリース9.3
E.53. リリース9.2.23
E.54. リリース9.2.22
E.55. リリース9.2.21
E.56. リリース9.2.20
E.57. リリース9.2.19
E.58. リリース9.2.18
E.59. リリース9.2.17
E.60. リリース9.2.16
E.61. リリース9.2.15
E.62. リリース9.2.14
E.63. リリース9.2.13
E.64. リリース9.2.12
E.65. リリース9.2.11
E.66. リリース9.2.10
E.67. リリース9.2.9
E.68. リリース9.2.8
E.69. リリース9.2.7
E.70. リリース9.2.6
E.71. リリース9.2.5
E.72. リリース9.2.4
E.73. リリース9.2.3
E.74. リリース9.2.2
E.75. リリース9.2.1
E.76. リリース9.2
E.77. リリース9.1.24
E.78. リリース9.1.23
E.79. リリース9.1.22
E.80. リリース9.1.21
E.81. リリース9.1.20
E.82. リリース9.1.19
E.83. リリース9.1.18
E.84. リリース9.1.17
E.85. リリース9.1.16
E.86. リリース9.1.15
E.87. リリース9.1.14
E.88. リリース9.1.13
E.89. リリース9.1.12
E.90. リリース9.1.11
E.91. リリース9.1.10
E.92. リリース9.1.9
E.93. リリース9.1.8
E.94. リリース9.1.7
E.95. リリース9.1.6
E.96. リリース9.1.5
E.97. リリース9.1.4
E.98. リリース9.1.3
E.99. リリース9.1.2
E.100. リリース9.1.1
E.101. リリース9.1
E.102. リリース9.0.23
E.103. リリース9.0.22
E.104. リリース9.0.21
E.105. リリース9.0.20
E.106. リリース9.0.19
E.107. リリース9.0.18
E.108. リリース9.0.17
E.109. リリース9.0.16
E.110. リリース9.0.15
E.111. リリース9.0.14
E.112. リリース9.0.13
E.113. リリース9.0.12
E.114. リリース9.0.11
E.115. リリース9.0.10
E.116. リリース9.0.9
E.117. リリース9.0.8
E.118. リリース9.0.7
E.119. リリース9.0.6
E.120. リリース9.0.5
E.121. リリース9.0.4
E.122. リリース9.0.3
E.123. リリース9.0.2
E.124. リリース9.0.1
E.125. リリース9.0
E.126. リリース8.4.22
E.127. リリース8.4.21
E.128. リリース8.4.20
E.129. リリース8.4.19
E.130. リリース8.4.18
E.131. リリース8.4.17
E.132. リリース8.4.16
E.133. リリース8.4.15
E.134. リリース8.4.14
E.135. リリース8.4.13
E.136. リリース8.4.12
E.137. リリース8.4.11
E.138. リリース8.4.10
E.139. リリース8.4.9
E.140. リリース8.4.8
E.141. リリース8.4.7
E.142. リリース8.4.6
E.143. リリース8.4.5
E.144. リリース8.4.4
E.145. リリース8.4.3
E.146. リリース8.4.2
E.147. リリース8.4.1
E.148. リリース8.4
E.149. リリース8.3.23
E.150. リリース8.3.22
E.151. リリース8.3.21
E.152. リリース8.3.20
E.153. リリース8.3.19
E.154. リリース8.3.18
E.155. リリース8.3.17
E.156. リリース8.3.16
E.157. リリース8.3.15
E.158. リリース8.3.14
E.159. リリース8.3.13
E.160. リリース8.3.12
E.161. リリース8.3.11
E.162. リリース8.3.10
E.163. リリース8.3.9
E.164. リリース8.3.8
E.165. リリース8.3.7
E.166. リリース8.3.6
E.167. リリース8.3.5
E.168. リリース8.3.4
E.169. リリース8.3.3
E.170. リリース8.3.2
E.171. リリース8.3.1
E.172. リリース8.3
E.173. リリース8.2.23
E.174. リリース8.2.22
E.175. リリース8.2.21
E.176. リリース8.2.20
E.177. リリース8.2.19
E.178. リリース8.2.18
E.179. リリース8.2.17
E.180. リリース8.2.16
E.181. リリース8.2.15
E.182. リリース8.2.14
E.183. リリース8.2.13
E.184. リリース8.2.12
E.185. リリース8.2.11
E.186. リリース8.2.10
E.187. リリース8.2.9
E.188. リリース8.2.8
E.189. リリース8.2.7
E.190. リリース8.2.6
E.191. リリース8.2.5
E.192. リリース8.2.4
E.193. リリース8.2.3
E.194. リリース8.2.2
E.195. リリース8.2.1
E.196. リリース8.2
E.197. リリース8.1.23
E.198. リリース8.1.22
E.199. リリース8.1.21
E.200. リリース8.1.20
E.201. リリース8.1.19
E.202. リリース8.1.18
E.203. リリース8.1.17
E.204. リリース8.1.16
E.205. リリース8.1.15
E.206. リリース8.1.14
E.207. リリース8.1.13
E.208. リリース8.1.12
E.209. リリース8.1.11
E.210. リリース8.1.10
E.211. リリース8.1.9
E.212. リリース8.1.8
E.213. リリース8.1.7
E.214. リリース8.1.6
E.215. リリース8.1.5
E.216. リリース8.1.4
E.217. リリース8.1.3
E.218. リリース8.1.2
E.219. リリース8.1.1
E.220. リリース8.1
E.221. リリース8.0.26
E.222. リリース8.0.25
E.223. リリース8.0.24
E.224. リリース8.0.23
E.225. リリース8.0.22
E.226. リリース8.0.21
E.227. リリース8.0.20
E.228. リリース8.0.19
E.229. リリース8.0.18
E.230. リリース8.0.17
E.231. リリース8.0.16
E.232. リリース8.0.15
E.233. リリース8.0.14
E.234. リリース8.0.13
E.235. リリース8.0.12
E.236. リリース8.0.11
E.237. リリース8.0.10
E.238. リリース8.0.9
E.239. リリース8.0.8
E.240. リリース8.0.7
E.241. リリース8.0.6
E.242. リリース8.0.5
E.243. リリース8.0.4
E.244. リリース8.0.3
E.245. リリース8.0.2
E.246. リリース8.0.1
E.247. リリース8.0
E.248. リリース7.4.30
E.249. リリース7.4.29
E.250. リリース7.4.28
E.251. リリース7.4.27
E.252. リリース7.4.26
E.253. リリース7.4.25
E.254. リリース7.4.24
E.255. リリース7.4.23
E.256. リリース7.4.22
E.257. リリース7.4.21
E.258. リリース7.4.20
E.259. リリース7.4.19
E.260. リリース7.4.18
E.261. リリース7.4.17
E.262. リリース7.4.16
E.263. リリース7.4.15
E.264. リリース7.4.14
E.265. リリース7.4.13
E.266. リリース7.4.12
E.267. リリース7.4.11
E.268. リリース7.4.10
E.269. リリース7.4.9
E.270. リリース7.4.8
E.271. リリース7.4.7
E.272. リリース7.4.6
E.273. リリース7.4.5
E.274. リリース7.4.4
E.275. リリース7.4.3
E.276. リリース7.4.2
E.277. リリース7.4.1
E.278. リリース7.4
E.279. リリース7.3.21
E.280. リリース7.3.20
E.281. リリース7.3.19
E.282. リリース7.3.18
E.283. リリース7.3.17
E.284. リリース7.3.16
E.285. リリース7.3.15
E.286. リリース7.3.14
E.287. リリース7.3.13
E.288. リリース7.3.12
E.289. リリース7.3.11
E.290. リリース7.3.10
E.291. リリース7.3.9
E.292. リリース7.3.8
E.293. リリース7.3.7
E.294. リリース7.3.6
E.295. リリース7.3.5
E.296. リリース7.3.4
E.297. リリース7.3.3
E.298. リリース7.3.2
E.299. リリース7.3.1
E.300. リリース7.3
E.301. リリース7.2.8
E.302. リリース7.2.7
E.303. リリース7.2.6
E.304. リリース7.2.5
E.305. リリース7.2.4
E.306. リリース7.2.3
E.307. リリース7.2.2
E.308. リリース7.2.1
E.309. リリース7.2
E.310. リリース7.1.3
E.311. リリース7.1.2
E.312. リリース7.1.1
E.313. リリース7.1
E.314. リリース7.0.3
E.315. リリース7.0.2
E.316. リリース7.0.1
E.317. リリース7.0
E.318. リリース6.5.3
E.319. リリース6.5.2
E.320. リリース6.5.1
E.321. リリース6.5
E.322. リリース6.4.2
E.323. リリース6.4.1
E.324. リリース6.4
E.325. リリース6.3.2
E.326. リリース6.3.1
E.327. リリース6.3
E.328. リリース6.2.1
E.329. リリース6.2
E.330. リリース6.1.1
E.331. リリース6.1
E.332. リリース6.0
E.333. リリース1.09
E.334. リリース1.02
E.335. リリース1.01
E.336. リリース1.0
E.337. Postgres95リリース0.03
E.338. Postgres95リリース0.02
E.339. Postgres95リリース0.01
F. 追加で提供されるモジュール
F.1. adminpack
F.2. amcheck
F.3. auth_delay
F.4. auto_explain
F.5. bloom
F.6. btree_gin
F.7. btree_gist
F.8. chkpass
F.9. citext
F.10. cube
F.11. dblink
F.12. dict_int
F.13. dict_xsyn
F.14. earthdistance
F.15. file_fdw
F.16. fuzzystrmatch
F.17. hstore
F.18. intagg
F.19. intarray
F.20. isn
F.21. lo
F.22. ltree
F.23. pageinspect
F.24. passwordcheck
F.25. pg_buffercache
F.26. pgcrypto
F.27. pg_freespacemap
F.28. pg_prewarm
F.29. pgrowlocks
F.30. pg_stat_statements
F.31. pgstattuple
F.32. pg_trgm
F.33. pg_visibility
F.34. postgres_fdw
F.35. seg
F.36. sepgsql
F.37. spi
F.38. sslinfo
F.39. tablefunc
F.40. tcn
F.41. test_decoding
F.42. tsm_system_rows
F.43. tsm_system_time
F.44. unaccent
F.45. uuid-ossp
F.46. xml2
G. 追加で提供されるプログラム
G.1. クライアントアプリケーション
G.2. サーバアプリケーション
H. 外部プロジェクト
H.1. クライアントインタフェース
H.2. 管理ツール
H.3. 手続き言語
H.4. 拡張
I. ソースコードリポジトリ
I.1. Gitを使ってソースを入手する
J. ドキュメント作成
J.1. DocBook
J.2. ツールセット
J.3. 文書の構築
J.4. 文書の起草
J.5. スタイルガイド
K. 頭字語
L. 貢献者
<title>Appendixes</title> doc/src/sgml/errcodes.sgml doc/src/sgml/datetime.sgml doc/src/sgml/keywords.sgml doc/src/sgml/features.sgml doc/src/sgml/release.sgml Typical markup: &<> use & escapes PostgreSQL <productname> postgresql.conf, pg_hba.conf, recovery.conf <filename> [A-Z][A-Z_ ]+[A-Z_] <command>, <literal>, <envar>, <acronym> [A-Za-z_][A-Za-z0-9_]+() <function> \-\-?[A-Za-z_]+[-A-Za-z_]* <option> (use backslashes to avoid SGML markup) [A-Za-z_]+/[A-Za-z_]+ <filename> psql <application> pg_[A-Za-z0-9_]+ <application>, <structname> [A-Z][A-Z][A-Z_ ]* <type> [a-z]+_[a-z_]+ <varname>, <structfield> <systemitem class="osname"> non-ASCII characters find using grep -P '[\x80-\xFF]' convert to HTML4 named entity (&) escapes official: http://www.w3.org/TR/html4/sgml/entities.html one page: http://www.zipcon.net/~swhite/docs/computers/browsers/entities_page.html other lists: http://www.zipcon.net/~swhite/docs/computers/browsers/entities.html http://www.zipcon.net/~swhite/docs/computers/browsers/entities_page.html http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_XML_and_HTML_character_entity_references we cannot use UTF8 because SGML Docbook does not support it do not use numeric _UTF_ numeric character escapes (&#nnn;), we can only use Latin1 Example: Alvaro Herrera is &Aacute;lvaro Herrera wrap long lines For new features, add links to the documentation sections. doc/src/sgml/contrib.sgml These are two separate appendixes because it is difficult to mix regular sections (for extensions) and refentries (for programs) in one chapter or appendix. And we do want the programs as refentries so that we can produce man pages. doc/src/sgml/external-projects.sgml doc/src/sgml/sourcerepo.sgml doc/src/sgml/docguide.sgml doc/src/sgml/acronyms.sgml doc/src/sgml/jpug-doc.sgml