第66章 BKIバックエンドインタフェース

目次

66.1. BKIファイル形式
66.2. BKIコマンド
66.3. BKIファイルのブートストラップの構成
66.4. 例
<title><acronym>BKI</acronym> Backend Interface</title>

Backend Interface (<acronym>BKI</acronym>) files are scripts in a special language that is understood by the <productname>PostgreSQL</productname> backend when running in the <quote>bootstrap</quote> mode. The bootstrap mode allows system catalogs to be created and filled from scratch, whereas ordinary SQL commands require the catalogs to exist already. <acronym>BKI</acronym> files can therefore be used to create the database system in the first place. (And they are probably not useful for anything else.) バックエンドインタフェース(BKI)ファイルは、bootstrapモードで稼動中のPostgreSQLで解釈される特殊な言語で記述されたスクリプトです。 普通のSQLコマンドを実行するにはシステムカタログが事前に存在していなければなりませんが、bootstrapモードではシステムカタログを一から作成することができます。 ですからBKIファイルはデータベースシステムを初めて作成する時に使用します。 (そしてそれ以外の時にはあまり有効ではありません。)

<application>initdb</application> uses a <acronym>BKI</acronym> file to do part of its job when creating a new database cluster. The input file used by <application>initdb</application> is created as part of building and installing <productname>PostgreSQL</productname> by a program named <filename>genbki.pl</filename>, which reads some specially formatted C header files in the <filename>src/include/catalog/</> directory of the source tree. The created <acronym>BKI</acronym> file is called <filename>postgres.bki</filename> and is normally installed in the <filename>share</filename> subdirectory of the installation tree. initdbは新しいデータベースクラスタを作成する際に、その作業の一部を担わすためBKIファイルを使います。 initdbが使う入力ファイルはPostgreSQLの構築時にgenbki.plというプログラムによって、ソースツリー内のsrc/include/catalog/にある特別な書式のCのヘッダファイルから作成されます。 作成されたBKIファイルはpostgres.bkiと呼ばれ、通常インストールツリーのshareサブディレクトリにインストールされます。

Related information can be found in the documentation for <application>initdb</application>. 関連情報はinitdbのドキュメントから見付けられます。