パート IV. クライアントインタフェース

<title>Client Interfaces</title>

This part describes the client programming interfaces distributed with <productname>PostgreSQL</>. Each of these chapters can be read independently. Note that there are many other programming interfaces for client programs that are distributed separately and contain their own documentation (<xref linkend="external-projects"> lists some of the more popular ones). Readers of this part should be familiar with using <acronym>SQL</acronym> commands to manipulate and query the database (see <xref linkend="sql">) and of course with the programming language that the interface uses. ここではPostgreSQLに附属するクライアントプログラミングインタフェースについて説明します。 各章は独立して読むことができます。 クライアントプログラムには、この他にも様々なプログラミングインタフェースがありますが、これらのインタフェースは独自の資料とともに個別に配布されていますのでご注意ください (付録Hに人気があるインタフェースの一部を列挙しています)。 読者は、データベースの操作や問い合わせを行うためのSQLコマンド(パート IIを参照)、また、当然ながら、インタフェースが使用するプログラミング言語にも慣れ親しんでいることが必要です。

目次

33. libpq - C ライブラリ
33.1. データベース接続制御関数
33.2. 接続状態関数
33.3. コマンド実行関数
33.4. 非同期コマンドの処理
33.5. 1行1行問い合わせ結果を受け取る
33.6. 処理中の問い合わせのキャンセル
33.7. 近道インタフェース
33.8. 非同期通知
33.9. COPYコマンド関連関数
33.10. 制御関数
33.11. 雑多な関数
33.12. 警告処理
33.13. イベントシステム
33.14. 環境変数
33.15. パスワードファイル
33.16. 接続サービスファイル
33.17. 接続パラメータのLDAP検索
33.18. SSLサポート
33.19. スレッド化プログラムの振舞い
33.20. libpqプログラムの構築
33.21. サンプルプログラム
34. ラージオブジェクト
34.1. はじめに
34.2. 実装機能
34.3. クライアントインタフェース
34.4. サーバ側の関数
34.5. サンプルプログラム
35. ECPG - C言語による埋め込みSQL
35.1. 概念
35.2. データベース接続の管理
35.3. SQLコマンドの実行
35.4. ホスト変数の使用
35.5. 動的SQL
35.6. pgtypes ライブラリ
35.7. 記述子領域の使用
35.8. エラー処理
35.9. プリプロセッサ指示子
35.10. 埋め込みSQLプログラムの処理
35.11. ライブラリ関数
35.12. ラージオブジェクト
35.13. C++アプリケーション
35.14. 埋め込みSQLコマンド
35.15. Informix互換モード
35.16. 内部
36. 情報スキーマ
36.1. スキーマ
36.2. データ型
36.3. information_schema_catalog_name
36.4. administrable_role_authorizations
36.5. applicable_roles
36.6. attributes
36.7. character_sets
36.8. check_constraint_routine_usage
36.9. check_constraints
36.10. collations
36.11. collation_character_set_applicability
36.12. column_domain_usage
36.13. column_options
36.14. column_privileges
36.15. column_udt_usage
36.16. columns
36.17. constraint_column_usage
36.18. constraint_table_usage
36.19. data_type_privileges
36.20. domain_constraints
36.21. domain_udt_usage
36.22. domains
36.23. element_types
36.24. enabled_roles
36.25. foreign_data_wrapper_options
36.26. foreign_data_wrappers
36.27. foreign_server_options
36.28. foreign_servers
36.29. foreign_table_options
36.30. foreign_tables
36.31. key_column_usage
36.32. parameters
36.33. referential_constraints
36.34. role_column_grants
36.35. role_routine_grants
36.36. role_table_grants
36.37. role_udt_grants
36.38. role_usage_grants
36.39. routine_privileges
36.40. routines
36.41. schemata
36.42. sequences
36.43. sql_features
36.44. sql_implementation_info
36.45. sql_languages
36.46. sql_packages
36.47. sql_parts
36.48. sql_sizing
36.49. sql_sizing_profiles
36.50. table_constraints
36.51. table_privileges
36.52. tables
36.53. transforms
36.54. triggered_update_columns
36.55. triggers
36.56. udt_privileges
36.57. usage_privileges
36.58. user_defined_types
36.59. user_mapping_options
36.60. user_mappings
36.61. view_column_usage
36.62. view_routine_usage
36.63. view_table_usage
36.64. views
doc/src/sgml/libpq.sgml doc/src/sgml/lobj.sgml doc/src/sgml/ecpg.sgml doc/src/sgml/information_schema.sgml