第5章 データ定義

目次

5.1. テーブルの基本
5.2. デフォルト値
5.3. 制約
5.3.1. 検査制約
5.3.2. 非NULL制約
5.3.3. 一意性制約
5.3.4. 主キー
5.3.5. 外部キー
5.3.6. 排他制約
5.4. システム列
5.5. テーブルの変更
5.5.1. 列の追加
5.5.2. 列の削除
5.5.3. 制約の追加
5.5.4. 制約の削除
5.5.5. 列のデフォルト値の変更
5.5.6. 列のデータ型の変更
5.5.7. 列名の変更
5.5.8. テーブル名の変更
5.6. 権限
5.7. 行セキュリティポリシー
5.8. スキーマ
5.8.1. スキーマの作成
5.8.2. publicスキーマ
5.8.3. スキーマ検索パス
5.8.4. スキーマおよび権限
5.8.5. システムカタログスキーマ
5.8.6. 使用パターン
5.8.7. 移植性
5.9. 継承
5.9.1. 警告
5.10. パーティショニング
5.10.1. 概要
5.10.2. Declarative Partitioning
5.10.3. Implementation Using Inheritance
5.10.4. パーティショニングと制約による除外
5.11. 外部データ
5.12. その他のデータベースオブジェクト
5.13. 依存関係の追跡
<title>Data Definition</title>

This chapter covers how one creates the database structures that will hold one's data. In a relational database, the raw data is stored in tables, so the majority of this chapter is devoted to explaining how tables are created and modified and what features are available to control what data is stored in the tables. Subsequently, we discuss how tables can be organized into schemas, and how privileges can be assigned to tables. Finally, we will briefly look at other features that affect the data storage, such as inheritance, table partitioning, views, functions, and triggers. 本章では、データを保持するためのデータベース構造を作成する方法を説明します。 リレーショナルデータベースでは生データはテーブルに格納されます。 したがって、本章ではテーブルの作成と変更の方法や、テーブルにどのようなデータを格納するかを制御するための機能について重点的に解説します。 さらに、テーブルをスキーマに編成する方法、およびテーブルへの権限の割り当てについても説明します。 そして最後に、継承、ビュー、関数、およびトリガなど、データの格納に影響する機能について簡単に説明します。