第34章 ECPG - C言語による埋め込みSQL

目次

34.1. 概念
34.2. データベース接続の管理
34.2.1. データベースサーバへの接続
34.2.2. 接続の選択
34.2.3. 接続を閉じる
34.3. SQLコマンドの実行
34.3.1. SQL文の実行
34.3.2. カーソルの使用
34.3.3. トランザクションの管理
34.3.4. プリペアド文
34.4. ホスト変数の使用
34.4.1. 概要
34.4.2. 宣言セクション
34.4.3. クエリ実行結果の受け取り
34.4.4. データ型の対応
34.4.5. 非プリミティブSQLデータ型の扱い方
34.4.6. 指示子
34.5. 動的SQL
34.5.1. 結果セットを伴わないSQL文の実行
34.5.2. 入力パラメータを伴うSQL文の実行
34.5.3. 結果セットを返却するSQL文の実行
34.6. pgtypes ライブラリ
34.6.1. numeric 型
34.6.2. 日付型
34.6.3. timestamp型
34.6.4. interval型
34.6.5. decimal型
34.6.6. pgtypeslibのerrno値
34.6.7. pgtypeslibの特殊な定数
34.7. 記述子領域の使用
34.7.1. 名前付きSQL記述子領域
34.7.2. SQLDA記述子領域
34.8. エラー処理
34.8.1. コールバックの設定
34.8.2. sqlca
34.8.3. SQLSTATESQLCODE
34.9. プリプロセッサ指示子
34.9.1. ファイルのインクルード
34.9.2. defineおよびundef指示子
34.9.3. ifdef、ifndef、else、elif、endif指示子
34.10. 埋め込みSQLプログラムの処理
34.11. ライブラリ関数
34.12. ラージオブジェクト
34.13. C++アプリケーション
34.13.1. ホスト変数のスコープ
34.13.2. 外部のCモジュールを用いたC++アプリケーションの開発
34.14. 埋め込みSQLコマンド
ALLOCATE DESCRIPTOR — SQL記述子領域を割り当てます。
CONNECT — データベース接続を確立します。
DEALLOCATE DESCRIPTOR — SQL記述子領域の割り当てを解除します。
DECLARE — カーソルを定義します。
DESCRIBE — プリペアド文または結果セットに関する情報を入手します。
DISCONNECT — データベース接続を終了します。
EXECUTE IMMEDIATE — SQL文を動的にプリペアし、実行します。
GET DESCRIPTOR — SQL記述子領域から情報を入手します。
OPEN — 動的カーソルを開きます。
PREPARE — 実行のためにSQL文をプリペアします。
SET AUTOCOMMIT — 現在のセッションの自動コミット動作を設定します。
SET CONNECTION — データベース接続を選択します。
SET DESCRIPTOR — SQL記述子領域に情報を設定します。
TYPE — 新しいデータ型を定義します。
VAR — 変数を定義します。
WHENEVER — SQL文により特定の分類の条件が発生する時に行う動作を指定します。
34.15. Informix互換モード
34.15.1. 追加の型
34.15.2. 追加または存在しない埋め込みSQL文
34.15.3. Informix互換SQLDA記述子領域
34.15.4. 追加関数
34.15.5. 追加の定数
34.16. 内部
<title><application>ECPG</application> - Embedded <acronym>SQL</acronym> in C</title> <indexterm zone="ecpg"><primary>embedded SQL</primary><secondary>in C</secondary></indexterm>

This chapter describes the embedded <acronym>SQL</acronym> package for <productname>PostgreSQL</productname>. It was written by Linus Tolke (<email>linus@epact.se</email>) and Michael Meskes (<email>meskes@postgresql.org</email>). Originally it was written to work with <acronym>C</acronym>. It also works with <acronym>C++</acronym>, but it does not recognize all <acronym>C++</acronym> constructs yet. 本章では、PostgreSQLの埋め込みSQLパッケージについて説明します。 このパッケージはCC++言語で作成されました。 作者はLinus Tolke()とMichael Meskes()です。 元々これはCで動作するように作成されました。 C++でも動作しますが、C++の構文すべてはまだ認識できません。

This documentation is quite incomplete. But since this interface is standardized, additional information can be found in many resources about SQL. 本書は完全なものではありません。 しかし、このインタフェースは標準化されているので、SQLに関するその他の資料から追加情報を入手できます。