付録I ソースコードリポジトリ

目次

I.1. Gitを使ってソースを入手する
<title>The Source Code Repository</title>

The <productname>PostgreSQL</productname> source code is stored and managed using the <productname>Git</productname> version control system. A public mirror of the master repository is available; it is updated within a minute of any change to the master repository. PostgreSQLのソースコードはGitバージョン管理システムを使って保存管理されています。 マスタのリポジトリの公的なミラーが使用可能です。このミラーは、マスタのリポジトリに変更があればすぐに更新されます。

Our wiki, <ulink url="https://wiki.postgresql.org/wiki/Working_with_Git"></ulink>, has some discussion on working with Git. Wikihttps://wiki.postgresql.org/wiki/Working_with_GitにGitを使用する際の手順が掲載されています。

Note that building <productname>PostgreSQL</productname> from the source repository requires reasonably up-to-date versions of <application>bison</>, <application>flex</>, and <application>Perl</>. These tools are not needed to build from a distribution tarball, because the files that these tools are used to build are included in the tarball. Other tool requirements are the same as shown in <xref linkend="install-requirements">. ソースのリポジトリからPostgreSQLをビルドするにはbisonflexそしてPerlの適度に新しいバージョンが必要であることに注意してください。 配布されているtarballからビルドするためには、これらのツールは必要ではありません。なぜならこれらのツールを使ってビルドされるファイルはtarballに含まれているためです。 他のツールの必要条件は、16.2に示されているものと同様です。