第38章 トリガ

目次

38.1. トリガ動作の概要
38.2. データ変更の可視性
38.3. Cによるトリガ関数の作成
38.4. 完全なトリガの例
<title>Triggers</title>

This chapter provides general information about writing trigger functions. Trigger functions can be written in most of the available procedural languages, including <application>PL/pgSQL</application> (<xref linkend="plpgsql">), <application>PL/Tcl</application> (<xref linkend="pltcl">), <application>PL/Perl</application> (<xref linkend="plperl">), and <application>PL/Python</application> (<xref linkend="plpython">). After reading this chapter, you should consult the chapter for your favorite procedural language to find out the language-specific details of writing a trigger in it. 本章ではトリガ関数の作成に関する一般的な情報を示します。 トリガ関数は、PL/pgSQL (第42章)、PL/Tcl (第43章)、PL/Perl (第44章)、PL/Python (第45章)など、利用可能な手続き言語のほとんどで作成することができます。 本章を読んだ後、好みの手続き言語に関する章を参照して、トリガ作成に関する言語特有の詳細を確認すべきです。

It is also possible to write a trigger function in C, although most people find it easier to use one of the procedural languages. It is not currently possible to write a trigger function in the plain SQL function language. また、C言語でトリガ関数を作成することができます。 しかし、ほとんどの方は、手続き言語のいずれかで作成する方が簡単であることに気づくでしょう。 現時点では、普通のSQL関数言語ではトリガ関数を作成することはできません。